line
株式会社NTPカーモスト
反社会的勢力排除に関する基本方針 ホームに戻る

NTPカーモストは、愛知県暴力団排除条例施行(2011年)以降、NTPグループの一員として、暴力団をはじめとする反社会的勢力の排除に取り組んでおりますが、この取組みと当社の反社会的勢力排除に関する基本方針を、地域社会の皆さまにお知らせいたします。

<反社会的勢力排除宣言>

NTPカーモストは、愛知県暴力団排除条例の趣旨に則り、当社の取引先等が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、団体またはこれらの密接関係者、および過去に民事・行政問題等に関し、違法な行為・不当な要求行為を行った履歴のある者など(以下、「反社会的勢力」といいます)ではないことを確認し、その旨誓約いただいています。また、もし当社の取引先等が反社会的勢力であることが、判明した際には、愛知県暴力団排除条例に従い、当該契約の解除等適切な対応が行えるよう、契約条項中に「契約解除」や「取引拒否」に関する事項を盛り込んでおります。
ここに、以下の基本方針を基として、NTPカーモストと反社会的勢力の間の一切の関係を遮断することを宣言します。

株式会社NTPカーモスト
代表取締役社長 小栗 一朗

<反社会的勢力排除に関する基本方針>
当社は、反社会的勢力との間の一切の関係を遮断するため、以下のとおり基本方針を定め、これを遵守します。

1.組織としての対応方針
当社は、反社会的勢力に対し、代表者以下組織全体として対応し、不当要求に対応する役職員の安全を確保します。

2.取引を含めた一切の関係を遮断します
当社は、反社会的勢力との間で、取引関係を含めて、一切の関係をもちません。
また、反社会勢力による不当要求は拒絶します。

3.不適切な取引や資金提供は禁止します
当社は、反社会的勢力に対して不祥事事件等を隠ぺいするような裏取引は絶対に行いません。
また、いかなる理由があっても、反社会的勢力に対する資金提供は行いません。
4.外部専門機関との連携を強化します
当社は、反社会的勢力を排除するために、平素から外部専門機関(愛知県警、暴力追放運動推進センター、弁護士等)と綿密に連携しており、更なる情報交換や対応策の検討、その他の連携強化を実施します。
5.有事における法的措置
当社は、反社会的勢力による不当要求がなされた場合等には、民事及び刑事の両面からあらゆる法的措置を講じるなど、毅然とした態度で対応します。


line